「芽吹き」

 

 

 寒い冬もようやく過ぎ去り、暖かい春となりました。

 春の陽光(ようこう)の下(もと)、多くの草花(くさばな)が芽吹き、そして様々な花を咲かせている姿をそこかしこで見ることができます。

 東京に生まれ、石(いし)田波(だは)郷(きょう)に師事(しじ)した俳人(はいじん)、小林(こばやし)康(こう)治(じ)は次のように詠(うた)いました。

 草の芽の いまかがやくは 命かな

 それぞれの草花が土の上へ芽を出したその光景に、命のかがやきを、作者は感じ取ったのでありましょう。

 草花はそれぞれが受け継(つ)いだ種から芽を延ばし、やがて、色とりどりの様々な花を春の陽光の下、咲かせます。咲き満ちた草花の姿は命かがやく美しさにあふれ、見るものの目を楽しませてくれます。また、花が咲いた後には種を落とし、さらなる命を伝えていくことになりましょう。

 春は多くの物事のスタートとなる時期でもあります。小さな芽がやがて大輪(たいりん)の花となる命の不思議を観じながら、今一度、私たちも各々が本来持っている命の、一瞬一瞬のかがやきを見つめ直してはいかがでしょうか。