「善知識に聞く」

 

「今年のお盆休みはどこへ行こうか」

このようなお話をあちらこちらで聞かれる季節となりました。連休ですので海外や行楽地へ足を運ぶ方も大勢いらっしゃると思いますが、このお盆休み、たくさんの方とお話をされてはいかがでしょうか。いろいろと新しい発見があるかもしれません。題名にございます「善知識」を仏教語辞典で調べてみますと、

一、よき友、心の友 

二、高い徳を備えた人 

三、釈尊の教えを継承し、仏道へ導く者

などと書かれています。少々立場は違いますが、いずれも自分に善いアドバイスをしてくださる人々という印象が見受けられます。

一の友人は遠くにいても近くにいても、親身に話を聞き入れて相談にのってくれます。時にはケンカをしたりしますが、共に笑い、共に泣き、人生を歩むにあたり必要不可欠な人物です。

二は学校の恩師、職場の上司、また身近なところだと両親や目上の親族になりますでしょう。多くの経験を踏まえたうえで発せられる言葉は、公私にわたって自分自身を成長させてくれるでしょう。

三は言うまでもありません。お寺のご住職です。私たちが仏さまの教えを守り、その教えに従って徳を積んでいけるように導いてくださいます。

一度に大勢の善知識の方々に会うのは大変です。しかしながら、少なからずそれを可能にできるのがお盆休みではないでしょうか。実家などで旧友や親族と会って話をし、「生きていく」ということを学びます。また、お墓参りやお仏壇でのお勤めに加え、お寺の行事に参加されてご住職の話にも耳を傾けてください。きっと、私たちは「生かされている」ということを学ぶでしょう。

仏さまからいただくご縁も、直接は語りかけてはきませんがご先祖さまというたくさんの善知識の方々からいただく徳もあって、私たちは現世に生かされているのです。

このお盆、多くの方から生活の知恵を得て、感謝の気持ちをもってご先祖の供養という徳を積み、仏さまの教えの実践に励んでいただきたいものです。