写経・写仏

心経写経の根本道場

平安時代、時に弘仁9年(818)の春、世に大飢饉による疫病が広まり多くの人々が大変な苦しみを受けられたとき、帝であられた「嵯峨天皇」は真言宗の宗祖「弘法大師」のお勧めにより、自ら紺紙金泥で一字三礼の誠を尽くして、般若心経一巻を浄写し奉られました。 あわせて弘法大師は、嵯峨御所の五大明王に天下泰平を祈祷されたところ、霊験がたちまちに顕れ、人々に平安がおとずれたと伝わります。 この由縁をもって、嵯峨御所大覚寺は心経写経の根本道場といわれるのです。 その嵯峨天皇の般若心経は霊経として崇められ、弘仁9年が戊戌の年であったことから、同じく戊戌の年(60年に一度)にのみ開封して天下泰平を祈る慣例となり、開封には天皇自らか名代たる勅使の手に拠ってしか開封してはならない勅封という特別な封印がなされました。 その後の歴代天皇も嵯峨天皇のお写経に倣って、大きな天災のたびに自ら般若心経のお写経をなされて国の平静を祈願され、現在は大覚寺の心経殿の中に、嵯峨天皇をはじめ後光厳・後花園・後奈良・正親町・光格と六天皇ご直筆の般若心経が秘蔵されていて、非公開とされています。 それもただの秘蔵ではなく天皇の命により勅封心経となされました。  お写経で書き写す「般若心経」を、真言密教の教理によって深秘に解説された書物として弘法大師著作の『般若心経秘鍵』がございますが、大覚寺では弘法大師が般若心経を講読されてる様子をお姿にした「秘鍵大師」をお祀りしております。
秘鍵大師の御影

秘鍵大師の御影

心経写経の功徳とは

般若心経は、経文を見て声に出してお唱えするだけでも功徳があるとされておりますが、さらに経文の一文字一文字を仏さまと想って心をこめて浄写すれば、さらにその功徳は計り知れないものであるとされます。三密行という言葉があります。私自身の身と口と心の働きを仏さまにぴったり合わせる(帰一)ことで、私たちはこの身そのままで仏さまになれるということです。お写経は仏さまの教えを浄写し、そして読み、心に仏さまの慈悲の恵みを想うすばらしい三密行です。このようなすばらしい仏道修行であるお写経はきっと私たちに覚りと豊かな人生をもたらしてくれると考えます。 またお写経はご先祖さまのお供養のためにもすばらしい功徳がございます。故人さま・ご先祖さまのお命日や年忌法事に際しても、般若心経を写経してその菩提をお祈り下さい。 きっとあなたの想いは故人さま・ご先祖さまにしっかりと届くことと存じます。 大覚寺では、全国の方々がお祈りされ浄写なされた般若心経お写経の御奉納を受け付けさせて頂いております。さらに一年中休みなく毎朝それらお写経のご祈祷・ご供養をお勤め申し上げている「心経写経の根本道場」でございます。 ※大覚寺では一年中お写経を体験して頂く事もできます。またご自宅でされたお写経をご奉納頂く事もできます。要領につきましては、どうぞお気軽に大覚寺までお問合せ下さいませ。心からお待ち申し上げております。

大覚寺の写仏とは

嵯峨天皇の御代、弘仁9年(818)に疫病が流行し、多くの人々が亡くなりました。これを憂いた天皇は弘法大師の勧めにより、一字三礼の礼節を尽くして「般若心経」をお写経され、その表紙にはお妃であられた檀林皇后が「薬師三尊」のお姿を写仏されました。その般若心経は、「勅封心経」として現在も大覚寺心経殿に奉安されています。 大覚寺にとって写仏とは、そのように人々の心の安心を祈るお薬師さまの精神を表現する大切な仏道修行となったのです。

大覚寺の写仏とは

嵯峨天皇の御代、弘仁9年(818)に疫病が流行し、多くの人々が亡くなりました。これを憂いた天皇は弘法大師の勧めにより、一字三礼の礼節を尽くして「般若心経」をお写経され、その表紙にはお妃であられた檀林皇后が「薬師三尊」のお姿を写仏されました。その般若心経は、「勅封心経」として現在も大覚寺心経殿に奉安されています。 大覚寺にとって写仏とは、そのように人々の心の安心を祈るお薬師さまの精神を表現する大切な仏道修行となったのです。
 勅封心経殿
勅封心経殿

写仏の順序 難しい手順はございません。

    お手本に用紙を合わせる。 ① お手本に用紙を合わせる。
丁寧に筆でなぞる。 ② お願い事が叶うことを念じながら仏さまのお姿を丁寧に筆でなぞる。
ご宝前に奉納して焼香する。 ③ 完成。ご宝前に奉納して焼香する。

不動明王(ふどうみょうおう)

不動明王 難易度:★★★
仏さまは、悪心を改めさせるために、ときに姿を変えて恐ろしげな形相になります。これを「教令輪身」といい、こうした仏さまを総称して明王と呼びます。大覚寺では創建期に嵯峨天皇の勅命で弘法大使が五大明王を造立され、五覚院に安置されました。以後、五大明王が当寺の本尊として伝えられています。特に不動明王は単独でお祀りされることも多く、人々の信仰を集めています。

【大覚寺の不動明王の特徴】

  • 大日如来に命じられて修行者の助けとなり、衆生ために太った童子の姿をとる。
  • あらゆる衆生に、一人子に対するような慈悲を垂れることを示す髪を左に垂れる。
  • 衆生に対する思いが多い事を表す水の波のようなしわが額にある。
  • 慈悲の力で魔を恐れさすために、歯で唇を噛む。
  • 無益な議論を止めさせることを示すため、口を閉じる。
  • 衆生の煩悩を断ち切ることを示す剣を右手に持つ。
  • 仏法に従わない者の煩悩を断ち、導いて悟りに至らしめるための索を左手に持つ。
  • 衆生の煩悩の障りを鎮めて揺るぐことのない菩提心に至らすことを意味するため、瑟瑟座と呼ばれる大盤石に座る。
  • 力強く猛々しいことを意味する奮迅威怒の姿を取る。
  • 神鳥迦楼羅が毒龍を食うことを不動明王が煩悩を断滅するのにたとえて、迦楼羅炎を帯びる。

なお、人にはそれぞれの干支に基づいて守り本尊が定められており、不動明王は酉年生まれの人の守り本尊です。

 

虚空蔵菩薩1(こくうぞうぼさつ)

虚空蔵菩薩 難易度:★★
虚空蔵菩薩は広大な無限の智慧と福徳を持ち、願いにこたえてくださる仏さまとして広く信仰されています。 真言宗の開祖弘法大師空海は、高知の室戸岬で虚空蔵菩薩のご真言(ノウボウ アキャシャキャラバヤ オンマリ キャマリ ボリ ソワカ)を百日間かけて百万遍唱える「虚空蔵求聞持法」という修行を行い、その結果大変優れた記憶力が備わったと伝えられています。現在でも子どもが13才を迎えると虚空蔵菩薩にお参りして、智慧を授けていただく十三詣りという行事が行われています。 虚空蔵菩薩の姿の特徴として、頭に金剛界五仏(大日如来・阿閦如来・宝生如来・無量寿如来・不空成就如来)を表した宝冠をいただき、右手に智慧を象徴する剣か、衆生の願いを叶える予願印をとり、左手には福徳を表す宝珠を乗せた蓮華を持っています。さらに、何物にも染まらない清らかな徳を象徴する蓮華の座に乗っています。 なお、人にはそれぞれの干支に基づいて守り本尊が定められており、虚空蔵菩薩は丑、寅年生まれの人の守り本尊です。

虚空蔵菩薩2(こくうぞうぼさつ)

虚空蔵菩薩 難易度:★★★★★
虚空蔵菩薩は広大な無限の智慧と福徳を持ち、願いにこたえてくださる仏さまとして広く信仰されています。 真言宗の開祖弘法大師空海は、高知の室戸岬で虚空蔵菩薩のご真言(ノウボウ アキャシャキャラバヤ オンマリ キャマリ ボリ ソワカ)を百日間かけて百万遍唱える「虚空蔵求聞持法」という修行を行い、その結果大変優れた記憶力が備わったと伝えられています。現在でも子どもが13 才を迎えると虚空蔵菩薩にお参りして、智慧を授けていただく十三詣りという行事が行われています。 虚空蔵菩薩の姿の特徴として、頭に金剛界五仏(大日如来・阿閦如来・宝生如来・無量寿如来・不空成就如来)を表した宝冠をいただき、右手に智慧を象徴す る剣か、衆生の願いを叶える予願印をとり、左手には福徳を表す宝珠を乗せた蓮華を持っています。さらに、何物にも染まらない清らかな徳を象徴する蓮華の座 に乗っています。 なお、人にはそれぞれの干支に基づいて守り本尊が定められており、虚空蔵菩薩は丑、寅年生まれの人の守り本尊です。

文殊菩薩1(もんじゅぼさつ)

文殊菩薩 難易度:★
文殊菩薩は正式には文殊師利といい、古代インドの言葉、梵語のマンジュシュリーを音訳したものです。「文殊」は妙、「師利」は吉祥という意味で、妙吉祥と意訳されます。また、他の菩薩と違い実在した人物と考えられ、インドの舎衛国、バラモンの子として生まれたとされています。 「三人寄れば文殊の智慧」という諺からわかるように、智慧をつかさどる仏さまとされています。弘法大師空海が著した『般若心経秘鍵』に「文殊の利剣は諸戯を絶つ」とありますが、その智慧によって誤った判断を断ち切り、さとりの世界へと導いてくださるのです。 密教での特徴は、頭に髻を結った姿。この文殊の数によって、一髻文殊は増益、五髻文殊は敬愛、六髻文殊は調伏、八髻文殊は息災を司るとされています。特に密教では五髻の尊容が多く見られます。 右手には智慧を象徴する利剣(宝剣)、左手に経典を載せた青蓮華を持っていますが、ここからも智慧を象徴する仏であることがわかります。また、普賢菩薩と共に釈迦如来の脇侍として登場することも多く、文殊菩薩は獅子に、普賢菩薩は象に乗った姿で表されます。 なお、人にはそれぞれ干支に基づいて守り本尊が定められており。文殊菩薩は卯年生まれの人の守り本尊です。

文殊菩薩2(もんじゅぼさつ)

文殊菩薩 難易度:★★★★★★
文殊菩薩は正式には文殊師利といい、古代インドの言葉、梵語のマンジュシュリーを音訳したものです。「文殊」は妙、「師利」は吉祥という意味で、妙吉祥と意訳されます。また、他の菩薩と違い実在した人物と考えられ、インドの舎衛国、バラモンの子として生まれたとされています。 「三人寄れば文殊の智慧」という諺からわかるように、智慧をつかさどる仏さまとされています。弘法大師空海が著した『般若心経秘鍵』に「文殊の利剣は諸戯を絶つ」とありますが、その智慧によって誤った判断を断ち切り、さとりの世界へと導いてくださるのです。 密教での特徴は、頭に髻を結った姿。この文殊の数によって、一髻文殊は増益、五髻文殊は敬愛、六髻文殊は調伏、八髻文殊は息災を司るとされています。特に密教では五髻の尊容が多く見られます。 右手には智慧を象徴する利剣(宝剣)、左手に経典を載せた青蓮華を持っていますが、ここからも智慧を象徴する仏であることがわかります。また、普賢菩薩と共に釈迦如来の脇侍として登場することも多く、文殊菩薩は獅子に、普賢菩薩は象に乗った姿で表されます。 なお、人にはそれぞれ干支に基づいて守り本尊が定められており。文殊菩薩は卯年生まれの人の守り本尊です。

普賢菩薩1(ふげんぼさつ)

普賢菩薩 難易度:★★★
普賢菩薩は、梵名(インドの言葉)をサマンタバドラといい、「普く賢い者」という意味です。文殊菩薩と共に釈迦如来の脇侍としてお祀りされることが多く、文殊菩薩が智慧を表しているのに対して普賢菩薩は慈悲(修行)を表しています。 普賢菩薩は様々な姿で表されますが特徴的なものとしては、文殊菩薩が獅子に坐しているのに対して、白象に坐しています。これは象が、何もにも動じない力を持っているからです。また、白象には六本の牙が生えており、彼岸に至るための六つの修行(布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧)である六波羅蜜を表しています。しなわり、六牙の象で、力強く菩薩の道を進んでいく姿を象徴しているのです。 さらに五仏(大日、阿閦、宝生、阿弥陀、不空成就)が飾られた宝冠を頭に乗せ、左手に宝剣を立てた蓮茎を持つ姿や、金剛薩埵と同じように左手に五鈷鈴、右手に五鈷杵を執る姿、また如意や蓮華、経典を持つ姿が見られます。 なお、人にはそれぞれの干支に基づいて守り本尊が定められており、普賢菩薩は辰、巳年生まれの人の守り本尊です。 ご真言は「オン サンマヤ サトバン」。

普賢菩薩2(ふげんぼさつ)

普賢菩薩 難易度:★★★★
普賢菩薩は、梵名(インドの言葉)をサマンタバドラといい、「普く賢い者」という意味です。文殊菩薩と共に釈迦如来の脇侍としてお祀りされることが多く、文殊菩薩が智慧を表しているのに対して普賢菩薩は慈悲(修行)を表しています。 普賢菩薩は様々な姿で表されますが特徴的なものとしては、文殊菩薩が獅子に坐しているのに対して、白象に坐しています。これは象が、何もにも動じない力を持っているからです。また、白象には六本の牙が生えており、彼岸に至るための六つの修行(布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧)である六波羅蜜を表しています。しなわり、六牙の象で、力強く菩薩の道を進んでいく姿を象徴しているのです。 さらに五仏(大日、阿閦、宝生、阿弥陀、不空成就)が飾られた宝冠を頭に乗せ、左手に宝剣を立てた蓮茎を持つ姿や、金剛薩埵と同じように左手に五鈷鈴、右手に五鈷杵を執る姿、また如意や蓮華、経典を持つ姿が見られます。 なお、人にはそれぞれの干支に基づいて守り本尊が定められており、普賢菩薩は辰、巳年生まれの人の守り本尊です。 ご真言は「オン サンマヤ サトバン」。