季節の行事

Seasonal events

 

※こちらは平成30年度の行事予定になります。
※平成31年度に関しましては、決定次第、順次掲載致します。

寺内行事

修正会

新年にあたり天下泰平、万民豊楽を祈念し、修正会が行われます。

 

1月1日(月)  10:00~

1月1日(月)  14:00~

1月2日(火) 10:00~

 

寺内行事

人生に幸福と平和を

節分会(星まつり)

御影堂にて執り行なわれる節分祭。 節分は字のごとく「季節の分かれる時」で、立春・立夏・立秋・立冬などを表しています。現在では立春の前日の節分がとくに重んじられていますが、今日のような形は、平安時代、12月末に宮中で行われていた追儺式という悪鬼を追い払う習俗と、庶民の間にあった神様を家に迎えて祭るためにおはらいをする習俗が合わさり、豆をまいて鬼をはらう行事として江戸時代頃に定着したと言われています。真言宗では、その年の運命をつかさどる星を供養し、祈願をささげることにより人生に幸福と平和がもたらされるとしています。 なお、法会ののち参拝者に向けて福豆がまかれます。

日時:平成31年2月3日(日)

料金:通常の参拝料に含む(参拝料 大人500円・小中高生300円)

※諸事情により、予告なく参拝中止する場合があります。予め、ご了承下さい。

 

  • 星供・大般若転読法会

    星供・大般若転読法会

  • 大般若転読法会 01

    大般若転読法会 01

  • 大般若転読法会 02

    大般若転読法会 02

 

寺内行事

土砂加持法会

真言宗(密教)に伝わる最高の法会にて、不空羂索経に「光明真言にて土砂をお加持し、お墓や塔婆に撒くと、亡者はたちまちに極楽に往生する」とございます。また、お加持した土砂をお守りとして所持すれば零障から身を守ることができます。当日のご参拝お待ち申し上げます。

日時:平成31年2月15日(金)

料金:通常の参拝料に含む(参拝料 大人500円・小中高生300円)

※諸事情により、予告なく参拝中止する場合があります。予め、ご了承下さい。

 

 

 

寺内行事

常楽会

常楽会とはお釈迦さまが入滅された2月15日(旧暦になる為、大覚寺では3月15日)にその徳を偲び感謝をささげる法要で、涅槃会(ねはんえ)とも呼ばれています。常楽会の名前の元となった「常」と「楽」の文字は、煩悩を滅し涅槃を得たお釈迦さまの特性を表す四徳(常・楽・我・浄)から取られており、
「常」とは永遠に変わらぬこと
「楽」とは苦悩がなく安らかなこと
「我」とはなにものにも縛られず自由自在であること
「浄」とは一切の汚(よごれ)を離れていること
を示しています。
当日のご参拝お待ち申し上げます。
ご一緒にお釈迦さまに思いをはせましょう。

日時:平成31年3月15日(金)

料金:通常の参拝料に含む(参拝料 大人500円・小中高生300円)

※諸事情により、予告なく参拝中止する場合があります。予め、ご了承下さい。