般若心経秘鍵に学ぶ~④~

~大般若波(だいはんにゃは)羅(ら)蜜(みっ)多心経(たしんぎょう)といっぱ、すなわちこれ大般若(だいはんにゃ)菩薩(ぼさつ)の大(だい)心(しん)真(しん)言(ごん)三摩地(さんまじ)法門(ほうもん)なり~

 この一文は般若心経の大体(だいたい)の意味するところで「大(おお)いなる般若心経とは、即(すなわ)ち偉大(いだい)な般若菩薩の大(だい)心(しん)という真言によって深い禅定(ぜんじょう)の世界に入るための教えである」とお大師さまは申されています。

 般若菩薩とは、智慧(ちえ)の象徴(しょうちょう)としての仏さまで、智慧を生み出す母体(ぼたい)ということで仏母(ぶつも)とも呼ばれています。智慧とは私たちが一般的に用いる頭(あたま)の働きとしての意味ではありません。例えば、子供の運動会に行けば我(わ)が子を優先(ゆうせん)して応援(おうえん)するのが親の心情(しんじょう)でありますが、仏さまであれば、皆(みな)の健闘(けんとう)を祈り、分(わ)け隔(へだ)てなく全員を応援してくださいます。それが、慈(いつく)しみの心をもって、物事(ものごと)を正しく捉(とら)える仏さまの智慧です。 

「大心」とは、中心(ちゅうしん)や要点(ようてん)という意味ではなく、お大師さまは大宇宙の真理そのものだと解(と)かれています。そして、「大心真言」は般若心経の最後に出てくる「ギャーテーギャーテー」を指しています。これが般若心経の真言であり、真言とは絶対的真実の言葉であります。私は小さな頃、悪(わる)さをして親にひどく叱(しか)られた経験をしました。その時には、ただ泣いてしまいましたが、そのとき叱ってくれた親の言葉は今日(こんにち)の自分にとって良い成長に繋(つな)がり、正しい方向に導いてくれた言葉として心(こころ)の引き出しに大切に収(おさ)めています。そのようにまことの慈悲(じひ)から相手をおもんばかる言葉、心の糧(かて)となって、もはや言葉ではなくなった言葉、言葉では言い表すことのできない大宇宙の真理にもつながる神秘的な言葉が真言であります。

 そのような意味から、般若心経を読誦(どくじゅ)・写経(しゃきょう)することは、般若菩薩の智慧の真言を、私たちの心に深く刻(きざ)んでいることに他(ほか)なりませんし、その智慧の灯(ともしび)は、心の暗闇(くらやみ)を灯(とも)す明るい光となり、禅定という安(やす)らかな心の世界を創造(そうぞう)するのであります。

 

~この三摩(さんま)地門(じもん)は、仏(ほとけ)、鷲(じ)峯山(ぶうぜん)に在(いま)して鶖子(しゅうし)等(とう)のためにこれを説(と)きたまえり~

般若心経の教えを説かれた場所について「安らかな心の世界を創造するこの般若心経は、お釈迦さまが鷲(じゅ)峯山(ぶせん)(霊(りょう)鷲山(じゅせん))におられるとき、鶖子(しゅうし)たちのために説かれたものである」とお大師さまは申されています。

お釈迦さまは、三十五歳の時に菩提樹(ぼだいじゅ)の下でお悟(さと)りを開かれてから八十歳の入滅(にゅうめつ)を迎えるまでの四十五年間、各地を巡って説法(せっぽう)教化(きょうけ)の旅をされています。その説法場所の一つが鷲峯山(霊鷲山)であります。この山はインド北東部のネパールとの国境にも近い場所にある小高い山で、その名の通り鷲(わし)が翼(つばさ)を拡げたようなすがたをしています。この場所において、鶖子(弟子たち)のために、般若心経を説かれました。鶖子の中のひとりが、般若心経に登場する舎(しゃ)利子(りし)です。舎利子はお釈迦さまの十大弟子の中で智慧第一とされる方で色々な経典(きょうてん)のなかにお釈迦さまの問答(もんどう)相手として登場されます。

 

~観自在(かんじざい)といっぱ能(のう)行(ぎょう)の人(にん)、すなわちこの人(にん)は本覚(ほんがく)の菩提(ぼだい)を因(いん)とす~

 ここでは、般若心経の冒頭に登場してくる観自在(かんじざい)菩薩(ぼさつ)について「観自在菩薩という仏さまは、まことに深い智慧である『深(じん)般若(はんにゃ)』を観ずる修行をされる人である。なぜなら観自在菩薩は、人間が本来持っている悟りを求める心を修行の出発点とされているからである」と申されています。

 まず、観自在菩薩というのは仏さまの名前としてあまり聞きなれない言葉だと思いますが、良く耳にする観音(かんのん)菩薩(ぼさつ)と同じ仏さまです。

 観自在菩薩は、衆生を救(きゅう)済(さい)したいという誓願(せいがん)を立て、それを成就(じょうじゅ)させるために、救いを求める者のところ(こちらの岸・此(し)岸(がん))に自由自在に現れ寄り添ってくださる仏さまです。いつでも向こう岸(ぎし)・彼岸(ひがん)(悟り)に渡ることができるのに、敢(あ)えてこちら岸に留(とど)まっておられる私たちにたいへん身近な仏さまです。

 お釈迦さまの意(い)を受けて般若心経の教えを私たちに説かれているのがこの観自在菩薩であり、私たち誰もが皆持っている「悟りを求める心」に私たち自身が気づくよう見守って下さるのがこの仏さまであるということを、お大師さまのこの一文からのメッセージとして受け取ることができます。