戊戌開封法令

戊戌ぼじゅつの年

「平成30年 御開扉」まで

:

:

:

 

 

平成30年「勅封般若心経戊戌開封法会」予定

 

秘鍵大師全国ご巡錫日程

天井絵 華曼荼羅

戊戌だより

「秘鍵大師」中国教区ご巡錫の奉送式を執行

9月13日「秘鍵大師全国ご巡錫」の教区として、中国教区のご巡錫奉送式が執り行なわれました。

教区を代表して廣安尚典僧正、中村殊萌僧正、岡崎真明僧正がお迎えに来山され、竹原善生教務部長より秘鍵大師さまを受け取り、大玄関より出発されました。

9月13日~10月10日の間に、中国教区各ご寺院に秘鍵大師さまがご巡錫なされる予定です。

それぞれの会場では法会・写経奉納式・法話会など、各寺院なりの工夫を通じて広く檀信徒の方々への「勅封心経ご開封」「嵯峨御流創流1200年」の啓蒙活動が行なわれます。

今後、福岡教区では10月12日~10月16日にかけてご巡錫なされ、また、近畿教区では、11月1日~11月30日にかけて、ご巡錫なされます。

「秘鍵大師」関東教区ご巡錫の奉迎式を執行

9月7日「秘鍵大師全国ご巡錫」の教区として、関東教区のご巡錫奉迎式が執り行なわれました。

教区を代表して渡邉隆人僧正、小寺順雄僧正、大西弘純僧正、井上全信僧正が来山され、竹原善生教務部長に秘鍵大師さまをお渡しされました。

それぞれの会場では法会・写経奉納式・法話会など、各寺院なりの工夫を通じて広く檀信徒の方々への「勅封心経ご開封」「嵯峨御流創流1200年」の啓蒙活動が行われました。

今後、中国教区では9月下旬~10月10日にかけてご巡錫なされ、また、福岡教区では、10月12日~10月16日にかけて、ご巡錫なされます。

「秘鍵大師全国ご巡錫」関東教区へ ~補陀洛寺さま~

来る平成30年に嵯峨天皇宸翰勅封般若心経1200年戊戌開封法会をお迎えする祝縁をもって、
「秘鍵大師全国ご巡錫」が6月20日より8月30日の間に関東教区にて行われました。
8月30日、神奈川県鎌倉市にございます、補陀洛寺さま(黒沢全匡ご住職)に「秘鍵大師ご尊像」がご巡錫をなされました。

補陀洛寺さまでは、8月29日に千葉県、蔵王院さまへお迎えに上がられ夕刻、
到着され秘鍵大師さまをお祀りされました。

30日には、午後2時からご住職による法話、檀信徒のみなさまが一字写経なされ後に、法会がなされました。
法会の後には、ご住職より檀信徒のみなさま一人ひとりに秘鍵大師劔のお加持が行われました。

補陀洛寺さまには、永和三年(1377)作の秘鍵大師さまがお祀りされております。
関東教区では6月20日より各ご寺院さまに秘鍵大師さまがご巡錫され、8月30日の補陀洛寺さまをもちまして無魔成満致しました。

『蓮華殿』天井絵「華曼荼羅」ご芳名板設置完了

蓮華殿華曼荼羅天井絵寄進者ご芳名板の制作が完了し、9月11日に蓮華殿に設置されました。ご芳名板は、堂内の華曼荼羅の雰囲気を壊さないよう、透明アクリル板にて制作されました。

戊戌玉垣設置工事 近況報告(H29.9.11)

戊戌玉垣設置に向けた周辺整備工事が大覚寺参拝者駐車場において、株式会社池内和および株式会社石寅施工のもと進んでおります。

東側の玉垣設置工事が始まり、ご寄附いただいた皆さまの玉垣が設置され始めました。

                      

戊戌開封法令

平成30年

嵯峨天皇宸翰 勅封般若心経1200年

戊戌開封法会厳修

いけばな嵯峨御流創流1200年

旧嵯峨御所大本山大覚寺門は真言宗大覚寺派の本山。歴代天皇もしくは皇統の方が住職を勤めた格式高い門跡寺院。
1200年前に嵯峨天皇御自ら写経された般若心経を60年に1度開封する戊戌法令。

また、いけばな嵯峨御流の発祥地であり、創流1200年を迎える「華道嵯峨御流」の家元でもある。

 

戊戌の年「平成30年」まで

:

:

:

黒沢全紹大僧正猊下

門跡猊下ご垂示

詳しく見る

服部精村僧正

宗務総長ご挨拶

詳しく見る

伊勢俊雄僧正

委員長ご挨拶

詳しく見る

広く人々の平安のために、
そして私たち一人ひとりの心の安心のために

戊戌開封法会を迎えるにあたり、写経・写仏を体験しませんか

詳しくはこちら