戊戌開封法令

戊戌ぼじゅつの年

「平成30年 御開扉」まで

:

:

:

 

 

平成30年「勅封般若心経戊戌開封法会」予定

 

秘鍵大師全国ご巡錫日程

天井絵 華曼荼羅

戊戌だより

「秘鍵大師全国ご巡錫」関東教区へ ~蓮慶寺さま~

来る平成30年に嵯峨天皇宸翰勅封般若心経1200年戊戌開封法会をお迎えする祝縁をもって、「秘鍵大師全国ご巡錫」を執行致しております。
本年の6月20日に大覚寺に於いて、ご巡錫奉送式を行ったのち、6月21日より関東教区にてご巡錫を致しております。
7月14日神奈川県大和市にございます、蓮慶寺さま(渡辺全考ご住職)に「秘鍵大師ご尊像」がご巡錫をなされました。

蓮慶寺さまでは、ご住職、檀信徒のみなさまで秘鍵大師さまをお迎えし、
ご宝前へお祀りされ法会が行われました。

今後、中国教区では9月下旬~10月10日にかけてご巡錫なされ、また、福岡教区では、10月12日~10月16日にかけて、ご巡錫なされます。

「秘鍵大師全国ご巡錫」関東教区へ ~宝寿院さま~

来る平成30年に嵯峨天皇宸翰勅封般若心経1200年戊戌開封法会をお迎えする祝縁をもって、「秘鍵大師全国ご巡錫」を執行致しております。
本年の6月20日に大覚寺に於いて、ご巡錫奉送式を行ったのち、6月21日より関東教区にてご巡錫を致しております。
7月13日神奈川県横浜市にございます、宝寿院さま(野溝良尊ご住職)に「秘鍵大師ご尊像」がご巡錫をなされました。

宝寿院さまでは、ご住職をはじめ、副住職、檀信徒の皆さまで秘鍵大師さまのお待ち受け法要が執り行われました。
法会の後には、ご住職よりご法話がなされ、檀信徒の皆さま一人ひとりがお焼香をなされました。

今後、中国教区では9月下旬~10月10日にかけてご巡錫なされ、また、福岡教区では、10月12日~10月16日にかけて、ご巡錫なされます。

「秘鍵大師全国ご巡錫」関東教区へ ~万徳寺さま~

来る平成30年に嵯峨天皇宸翰勅封般若心経1200年戊戌開封法会をお迎えする祝縁をもって、「秘鍵大師全国ご巡錫」を執行致しております。
本年の6月20日に大覚寺に於いて、ご巡錫奉送式を行ったのち、6月21日より関東教区にてご巡錫を致しております。
7月4日茨城県神栖市にございます、万徳寺さま(岩堀法道ご住職)に「秘鍵大師ご尊像」がご巡錫をなされました。

万徳寺さまでは、7月4日に、ご住職をはじめ、檀信徒の方々、園児のみなさまで秘鍵大師さまのお待ち受け法要が執り行われました。
先ず、ご住職よりご法話があり法会がなされました。法会の後、ご住職より檀信徒、園児のみなさま一人ひとりに秘鍵大師劔のお加持が行われました。

今後、中国教区では9月下旬~10月10日にかけてご巡錫なされ、また、福岡教区では、10月12日~10月16日にかけて、ご巡錫なされます。

「新嵯峨野物語」第二十八話紹介

「新嵯峨野物語」第二十八話が、月刊「嵯峨」7月号に掲載されました。

冒頭一部をご紹介致します。

第二十八話「さらば、夢追い人たち」

 承和八年(八四一)ともなると、仁明帝もすでに三十歳を越えていらっしゃるのですが、治国治政ということでは、次々起こる諸問題を処理していくには未熟な点が多すぎます。かつて困難を乗り越えるのに、有能な太政官を上手に使われた嵯峨太上天皇のように、人心の把握、統率ということで、卓越した力を発揮するようなことはできません。そんな中で時の経過と共に目立った存在になってきていた藤原氏は、次第に官衙での主導権を握るようになってきていたのです。政庁の微妙な変化に敏感な官人たちの中には、皇族を差し置いて何かにつけて指図をし始めてきている藤原氏には、徐々に不満を抱く者が増えつつありました。

続きは月刊「嵯峨」7月号にて掲載しております。

月刊「嵯峨」の詳細はこちらから。

戊戌駒札が設置されました(H29.6.26)

平成30年に迎えます「嵯峨天皇宸翰勅封般若心経1200年」ならびに「いけばな嵯峨御流創流1200年」

に向けての戊戌開封法会駒札が、大覚寺参道入口に設置されました。大法会まであと1年と迫ってまいりました。

皆さま方のお力添えをいただきながら、この勝縁を無魔成満させていただけるよう努力を重ねてまいります。

                                           合 掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戊戌開封法令

平成30年

嵯峨天皇宸翰 勅封般若心経1200年

戊戌開封法会厳修

いけばな嵯峨御流創流1200年

旧嵯峨御所大本山大覚寺門は真言宗大覚寺派の本山。歴代天皇もしくは皇統の方が住職を勤めた格式高い門跡寺院。
1200年前に嵯峨天皇御自ら写経された般若心経を60年に1度開封する戊戌法令。

また、いけばな嵯峨御流の発祥地であり、創流1200年を迎える「華道嵯峨御流」の家元でもある。

 

戊戌の年「平成30年」まで

:

:

:

黒沢全紹大僧正猊下

門跡猊下ご垂示

詳しく見る

服部精村僧正

宗務総長ご挨拶

詳しく見る

伊勢俊雄僧正

委員長ご挨拶

詳しく見る

広く人々の平安のために、
そして私たち一人ひとりの心の安心のために

戊戌開封法会を迎えるにあたり、写経・写仏を体験しませんか

詳しくはこちら