写仏

1,000円

嵯峨天皇の御代、弘仁9年(818)に疫病が流行し、多くの人々が苦しんでいました。

これを憂いた天皇は弘法大師の勧めにより、一字三礼の礼節を尽くして「般若心経」をお写経され、その表紙にはお妃であられた檀林皇后が「薬師三尊」のお姿を写仏されました。

その般若心経は、「勅封心経」として現在も大覚寺心経殿に奉安されています。

大覚寺にとって写仏とは、そのように人々の心の安心を祈るお薬師さまの精神を表現する大切な仏道修行となったのです。

各種類の説明につきましては、「写仏」のページをご覧ください。

選択項目をクリア
商品コード: N/A.

商品説明

4種:秘鍵大師、薬師如来、不動明王、愛染明王(画像左から)