五大堂ぶろぐ

秋のお花が咲き始めました❀

 

秘鍵くん:少しづつ残暑も和らいで、特に、朝・夕は気温が低くなってきたね。境内には、萩(ハギ)や、ヤブランの花が咲いていたよ!  

                                                        

蓮々:ほんとだ!萩といえば、秋の七草のひとつだよね。奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)は『万葉集』において、「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば  七種(ななくさ)の花  萩の花 尾花 葛花 撫子の花  女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」として紹介されているわ。

 

 

秘鍵くん:ヤブランのお花もとっても綺麗な山紫色だね。秋の訪れを感じるね!

 

 

蓮々:五大堂におきましても秋のお花をモチーフにした「花幸守り」がございますのでご紹介させていただきます❀

花幸守り(紅葉):紅に燃える紅葉の強さにあやかり、意志を貫き望む成果を手にされますように

花幸守り(銀杏):天高くそびえ黄金色に輝く銀杏にあやかり、商売繁盛し富と信頼を手にされますように

 

 

秘鍵くん:それぞれのお花の持つ力強いメッセージが込められているんだね!

 

 

蓮々:「花幸守り」は全12種類あります。とっても可愛らしく女性の方にも人気のお守りです。ご参拝の際は、是非ご覧くださいね!(詳しくはこちら

 

 

 


詳しくは下記画像をクリックしてください↓

 

宵弘法の様子をお届けします!

 

 

秘鍵くん:今回は、8月20日に奉修された 嵯峨の送り火『宵弘法』の様子を、お伝えします!大沢池舞台の送り火法要では、夕闇の中、大覚寺僧侶のお経と、池の中央で勢いよく燃え盛る送り火がとても幻想的でそんな中、たくさんの方々にお参りいただき、ご一緒にご先祖様のご供養をさせていただきました。

 

 蓮々 :また、灯籠流しやご献灯では、皆さまからお申し込みいただいた、ご先祖さまのご供養を厳粛に執り行わせていただきました。一つの灯は小さいけれど、たくさんの灯が集まれば、とても美しく、荘厳な様子でした。また、お参りされた方々とも一緒に手を合わせ、皆さまのお気持ちがご先祖さまへ届きますようご供養申し上げました。

秘鍵くん:最後に、宵弘法と併せて奉修されたお護摩祈祷の様子です。皆さまの願いが書かれた護摩木を、願いが叶うよう、約2時間にわたってご祈祷申し上げました。

護摩祈祷の様子

 

秘鍵くん:どの場所も、とても幻想的な雰囲気だったね。

 

 

 

蓮々:うん。お天気にも恵まれてすてきな「宵弘法」だったね。まだ、お盆のお参りができていないという方はご供養の「お札」や、ご供養のためのお写経「追善写経」もございますので、詳しくは下記のお問合せ先までどうぞ♪

 

【お問合わせ先(五大堂まで)】

Tell 075-871-0071

(9:00~17:00迄)

 

大覚寺宮墓地 お盆の供養法会を執り行いました。

 

 

蓮々 :大覚寺宮墓地のご関係者、大覚寺にご法縁のある方々を対象にした、お盆の供養法会が五大堂にて執り行われました。たくさんの皆さまと一緒にご先祖さまをご供養させていただきました。

 

 

秘鍵くん:法会前のご法話の中では、「私たちが毎日幸せで平和な暮らしを送ることができるのはご先祖さまのおかげです。ご先祖さまを10世代遡れば1,024人、20世代遡れば1,048,576人もの数になります。その誰一人欠けても私たちは存在しえないのです。お盆の機会に、ご先祖さまのありがたみが身に染みるとともに、自分自身の命の尊さを見直すきっかけになれば幸いです」とお参りの方へ向けてお話がございました。

※ご法話の詳細はこちらまで(クリックしてください)

 

 


 

五大堂からのお知らせです

平成29年8月20日(日)17:00~20:30

「嵯峨の送り火~宵弘法~」が執り行われます。

お盆の締めくくりとして、京都 大覚寺でご先祖さまを、皆さまと一緒にご供養したく存じます。

(くわしくはこちら↓)