宸殿

重要文化財 江戸時代

後水尾天皇より下賜された、寝殿造りの建物。天皇に入内された徳川2代将軍秀忠の娘東福門院和子が、女御御所の宸殿として使用していたものとされる。

宸殿

総畳数:約85畳

「牡丹の間」33畳
「柳松の間」18畳
「紅梅の間」22畳
「鶴の間」 12畳

 

ライトアップ設備

主な活用例

撮影

ご相談・ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Share This