五大堂ぶろぐ

大覚寺 天神島『ご神木念珠』

 

秘鍵くん

ショウレンさん① - コピー

 

 

こんにちは!

「五大堂イメージキャラクターの秘鍵くんと蓮々です!」

 

 

 

 ショウレンさん① - コピー

 

だんだんと日中の気温が上がってきましたね。

皆さま、熱中症には十分ご注意くださいませ!

 

 

 

 

蓮々 :さて、今回は新たに製作されました『ご神木念珠』をご紹介します❀

 

秘鍵くん:ご神木のお念珠?

 

 蓮々 :そう!大覚寺の大沢池に“天神島”という学問の神様で有名な菅原道真公をお祀りしている島があるの。島には樹齢300年を超える大きなご神木があって、その椎(しい)の木の間伐材(かんばつざい)を使用してお念珠が造られたんだよ!

 

秘鍵くん:菅原道真公と大覚寺ってどんな繋がりがあるの?

 

  蓮々 :菅原道真公は「嵯峨御所」であったこの地を「大覚寺」というお寺に改めるためにご尽力いただいたお一人で、時の帝、清和天皇さまにその上奏文(じょうそうぶん)を起草(きそう)された方なの。もっと詳しく知りたい方はこちらを是非、ご覧くださいませ!

 

秘鍵くん:へえ~そうなんだ‼大覚寺と菅原道真公は、とても深い関係があったんだね。どんなお念珠なのか見てみたい!

 

 蓮々 :そのご神木の念珠がこちら!!

☆ご神木

 ショウレンさん① - コピー

 

 

 

 

 

    

      半連             腕輪念珠

 

秘鍵くん:わー!とってもきれいだね!

 

 蓮々 :お念珠にするためには、ご神木を2年以上乾燥させたりと、製作にはとても時間がかかったんだって。秘鍵くん

 

秘鍵くん:そうなんだ。樹齢と長い製作時間をかけた、とてもありがたいお念珠なんだね。

 蓮々 :今回製作されたお念珠は2種類あって、腕輪念珠とお葬式やお墓参りでお持ちいただけるお念珠もあるよ。

 

 

5年ほど前にもこのご神木の間伐材を使用してお念珠を製作いたしました。その時は「腕輪念珠」だけでしたが、今回は皆さまがお墓参りやお葬式、法事にて使われる半連のお念珠をメインに製作いたしておりますので、是非!ご参拝の折には五大堂へお越しくださいませ!

    

秘鍵くん:お待ちいたしております!

 

ショウレンさん① - コピー

 

秘鍵くん