五大堂ぶろぐ
2017年8月の記事一覧

宵弘法の様子をお届けします!

 

 

秘鍵くん:今回は、8月20日に奉修された 嵯峨の送り火『宵弘法』の様子を、お伝えします!大沢池舞台の送り火法要では、夕闇の中、大覚寺僧侶のお経と、池の中央で勢いよく燃え盛る送り火がとても幻想的でそんな中、たくさんの方々にお参りいただき、ご一緒にご先祖様のご供養をさせていただきました。

 

 蓮々 :また、灯籠流しやご献灯では、皆さまからお申し込みいただいた、ご先祖さまのご供養を厳粛に執り行わせていただきました。一つの灯は小さいけれど、たくさんの灯が集まれば、とても美しく、荘厳な様子でした。また、お参りされた方々とも一緒に手を合わせ、皆さまのお気持ちがご先祖さまへ届きますようご供養申し上げました。

秘鍵くん:最後に、宵弘法と併せて奉修されたお護摩祈祷の様子です。皆さまの願いが書かれた護摩木を、願いが叶うよう、約2時間にわたってご祈祷申し上げました。

護摩祈祷の様子

 

秘鍵くん:どの場所も、とても幻想的な雰囲気だったね。

 

 

 

蓮々:うん。お天気にも恵まれてすてきな「宵弘法」だったね。まだ、お盆のお参りができていないという方はご供養の「お札」や、ご供養のためのお写経「追善写経」もございますので、詳しくは下記のお問合せ先までどうぞ♪

 

【お問合わせ先(五大堂まで)】

Tell 075-871-0071

(9:00~17:00迄)

 

大覚寺宮墓地 お盆の供養法会を執り行いました。

 

 

蓮々 :大覚寺宮墓地のご関係者、大覚寺にご法縁のある方々を対象にした、お盆の供養法会が五大堂にて執り行われました。たくさんの皆さまと一緒にご先祖さまをご供養させていただきました。

 

 

秘鍵くん:法会前のご法話の中では、「私たちが毎日幸せで平和な暮らしを送ることができるのはご先祖さまのおかげです。ご先祖さまを10世代遡れば1,024人、20世代遡れば1,048,576人もの数になります。その誰一人欠けても私たちは存在しえないのです。お盆の機会に、ご先祖さまのありがたみが身に染みるとともに、自分自身の命の尊さを見直すきっかけになれば幸いです」とお参りの方へ向けてお話がございました。

※ご法話の詳細はこちらまで(クリックしてください)

 

 


 

五大堂からのお知らせです

平成29年8月20日(日)17:00~20:30

「嵯峨の送り火~宵弘法~」が執り行われます。

お盆の締めくくりとして、京都 大覚寺でご先祖さまを、皆さまと一緒にご供養したく存じます。

(くわしくはこちら↓)

 

 

嵯峨の送り火~宵弘法~まであと少し!

 

 

蓮々 :京都 大覚寺の夏を代表する風物詩「嵯峨の送り火~宵弘法~」まで、いよいよあと少しだね!

 

 

秘鍵くん:僕の大好きな行事の一つだよ。大沢池にて点火される送り火は圧巻の一言。夏の夜空に勢いよく立ち上る送り火に乗せて、ご先祖さまを皆でご供養する姿は、本当に素晴らしく、幻想的な雰囲気に包まれるよ。

 

 

 

 

  蓮々 :そうだね!送り火の他にも、大沢池に灯籠を流したり、境内の石舞台でもご献灯を灯す「万灯会」があるのよ。また、大沢池の西側では護摩祈祷も行っていて、護摩木にお願い事とお名前を書いて、願いが叶うように護摩の火に直接入れることもできたりして、お参りされた方も一緒に法要に参加できるのよ!

 

 


 

秘鍵くん:いいね。僕も法要に参加してみたいな!
 

 

 

秘鍵くん&蓮々:皆さま、是非ご家族やご友人と一緒にお参りくださいませ。お待ちいたしております。

(くわしくはこちら↓)