大河ドラマ『麒麟がくる』で注目!
現代に残る亀山城「明智門」

寺伝では明智光秀が居城としていた、亀山城の一部を移築したものとされる。
門は入り口部分のみ素木とし、軒裏・窓は白壁の塗籠め、腰の部分には敷瓦を塗りこむ生子壁となっている。
明智門奥には、同じく亀山城の一部と伝えられる明智陣屋がある。
※外観のみ見学可能となっております。