般若心経秘鍵に学ぶ~⑭~

般若心経秘(はんにゃしんぎょうひ)鍵(けん)に学ぶ⑭

 

 平成三十年には、大覚寺ご始祖(しそ)嵯峨(さが)天皇さまが国民の安寧(あんねい)を祈願(きがん)して浄写(じょうしゃ)された勅封(ちょくふう)般若心経開封(かいふう)千二百年の節目を迎(むか)えるにあたり、般若心経の功徳(くどく)を讃(たた)え、その霊験(れいげん)を仰(あお)ぐべく、⑬号までお大師(だいし)さまの著作(ちょさく)である『般若心経秘鍵』のお言葉に触れてきました。本号では、通称上(つうしょうじょう)表文(ひょうぶん)とされる一文の冒頭に触れながら、お大師さまの御教(みおし)えと嵯峨天皇さまの大御心(おおみこころ)を仰(あお)ぎ奉(たてまつ)り、本号をもって結(むす)びとさせていただきます。

【原文読み下し】

 時于(ときに)弘(こう)仁(にん)九(く)年の春(はる) 天下(てんか)大疫(たいえき)す 

爰(ここ)に帝王(ていおう)自(みずか)ら黄金(おうごん)於(の)筆端(ひったん)に染(そ)め

 紺紙(こんし)於(を)爪(そ)掌(しょう)に握(にぎ)って 般若心経(はんにゃしんぎょう)一巻(いちかん)を書写(しょしゃ)し奉(たてまつ)りたまう

【現代語訳】

 時は弘仁九年(八一八)の春、全国的に疫病(えきびょう)が大流行しました。

そこで嵯峨天皇さまは自ら金泥(こんでい)を筆(ふで)の先に染(そ)めて

紺色(こんいろ)の紙を掌(たなごころ)に握(にぎ)られて般若心経一巻を浄写(じょうしゃ)されました。

 この文の一行目の通り、千二百年前の平安時代初期のこの頃、全国的に飢饉(ききん)による疫病(えきびょう)が大流行し、嵯峨天皇さまはそのような国家の危機ともいえる状況を「朕(ちん)の不徳(ふとく)のいたすところである」と仰(おお)せになられ、大変お心をいためておられました。そのような折、ご厚誼(こうぎ)のありましたお大師さまが、嵯峨天皇さまに般若心経の功徳と写経による祈願を親しく進言(しんげん)されました。

 お大師さまの御教えにより、嵯峨天皇さまは「般若心経の覚(さと)りの法門(ほうもん)に帰依(きえ)する」と仰せになられ、紺紙(紺色に染められた絹糸の紺(こん)綾織(あやおり))に金泥で般若心経を浄写されました。このとき嵯峨天皇さまは一文字書く毎(ごと)に誠(まこと)の礼拝(らいはい)を捧(ささ)げ、民衆の幸せと安心(あんじん)を祈り、お大師さまはこの大覚寺の地、嵯峨御所において不動明王(ふどうみょうおう)を中心とした五(ご)大明王(だいみょうおう)に祈願されました。そして、嵯峨天皇さまの命(めい)によって、般若心経がいかなる経典(きょうてん)であるのかということを宮中(きゅうちゅう)で御講讃(ごこうさん)されたのでした。そのような功徳によって平安が取り戻されたと伝えられています。

【原文読み下し】

一(いち)字(じ)一文(いちもん)法界(ほうかい)に遍(へん)じ 無終無始(むじゅうむし)にして我(わ)が心分(しんぶん)なり

【現代語訳】

般若心経の一字一文は仏(ほとけ)さまの世界に遍満(へんまん)して、終わりも始めもなく私の心(こころ)の中にある。

 前号においてお大師さまの右記の御言葉について触れましたが、嵯峨天皇さまが万民(ばんみん)の幸せを願う大御心は、まさに嵯峨天皇さまがお大師さまの御教えを一字礼拝の写経を写経として実践したその利益として、万民に安心を与え、闇夜(やみよ)に日光(にっこう)が赫赫(かくかく)と輝くかのような霊験(れいげん)あらたかな仏さまの安(やす)らかな世界がそこに遍満したということが想像できましょう。

そのような、お大師さまの御教えと嵯峨天皇さまの大御心が一体(いったい)となった般若心経が至宝(しほう)として大覚寺の心経(しんぎょう)殿(でん)に勅封され奉安(ほうあん)されているのです。勅封とは天皇さまの命令によって封印されることをいいますが、このことからも大覚寺の至宝を超越(ちょうえつ)した、国家の霊宝(れいほう)ともいうべき写経として崇(あが)められ、今に伝えられていることが分かります。

その心経殿の扉の上には、閑(かん)院宮載(いんのみやこと)仁(ひと)親王さまが篆(てん)書体(しょたい)の文字でお書きになられた建物の名『心経殿』を標(しる)す大きな扁額(へんがく)が掲(かか)げられています。心経の『心』という文字は中国古代の象形文字で、心臓の形から作られた字であります。閑院宮さまがお書きになられた『心』という字には、はっきりとその形が残っています。この『心』という字に込められた想いは、私たちの命(いのち)の象徴であり、中心であり、また心の拠りどころであると解釈できます。

 霊宝である勅封般若心経を奉安する心経殿は、大覚寺の般若心経信仰の中心であります。また、嵯峨天皇さまの大御心が、今もなおその勅封般若心経に連綿(れんめん)として宿(やど)り続け、その功徳はいよいよ輝きを放ち、私たちの心の拠(よ)りどころとしてお大師さまの御教えを示しくださっているように思えます。

 どうぞ、皆さまにおかれましては、平成三十年に御開封(ごかいふう)される記念すべき法会の期間に、是非とも大覚寺をご参拝いただきまして、嵯峨(さが)天皇宸翰(てんのうしんかん)勅封(ちょくふう)般若心経(はんにゃしんぎょう)を拝(はい)していただき、嵯峨天皇さまの大御心とお大師さまの御教えを感じていただければ幸(さいわ)いに存(ぞん)じます。

※参考文献

中村元『仏教語大辞典』東京書籍、一九七五

福田亮成『般若心経秘鍵』ノンブル社、二〇〇一

村岡空『般若心経秘鍵入門』大覚寺出版部、二〇〇四