平成26年10月3日(金)~12月8日(月)
高精細に再現された、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」を期間限定公開中です。
平成26年10月3日(金)~12月8日(月)
狩野山楽の描いた重要文化財の障壁画や、大覚寺伝来の花鳥にちなむ書画などをご紹介いたします。

四国八十八ヶ所お砂踏み        平成26年11月7日(金)~12月7日(日)  お砂踏み第二回目は、土佐国「修行の道場」16ヶ寺を舞台に開催いたします。 ※詳しくは「今月の催事」をご覧下さい。
平成26年11月14日(金)~12月7日(日)
見頃を迎えた紅葉と光の競演による大覚寺ならではの風雅をご堪能ください。

お参りをしよう

今月の催事

季節の行事

←
→
  • 写経法会・御影供
  • 4月1日(火)11日(金)21日(月)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 特別名宝展 嵯峨御所 大覚寺の遺宝「桃山の栄華」
  • 4月4日(金)~6月2日(月)
  • 激動の戦国時代を経て桃山時代から江戸時代にかけて近世大覚寺復興の時代にスポットを当て、嵯峨御所大覚寺門跡文化の繁栄を紹介します。

>>詳しく見る

  • 綴プロジェクト
    高精細複製品「四季耕作図襖」公開
  • 平成26年4月4日(金)~6月2日(月)
  • 文化財の未来継承を目的とした「綴プロジェクト」の活動により250年ぶりに大覚寺正寝殿の桟に収まり、立体的な空間で再現された、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」を期間限定で公開いたします。

>>詳しく見る

  • 灌仏会(はなまつり)
  • 4月8日(火)
  • お釈迦様の誕生を祝う「灌仏会」。花まつりともいわれ、花御堂に安置した釈迦像に甘茶を注ぐ行事です。灌仏後、本堂前にございます甘茶をお召し上がり下さい。
  • 華道祭
  • 4月11日(金)~13日(日)
  • いけばな嵯峨御流最大の祭典「嵯峨天皇奉献華道祭」
    平安絵巻さながらの献華式やお茶席、各種法会が行われます。他にも華展など催しが開催されます。大沢池には龍頭鷁首舟を浮かべ、茶席を設けて、優雅なたたずまいの中で繰り広げられます。

>>詳しく見る

  • 護摩供
  • 4月28日(月)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 5月1日(木)11日(日)21日(水)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 特別名宝展 嵯峨御所 大覚寺の遺宝「桃山の栄華」
  • 4月4日(金)~6月2日(月)
  • 激動の戦国時代を経て桃山時代から江戸時代にかけて近世大覚寺復興の時代にスポットを当て、嵯峨御所大覚寺門跡文化の繁栄を紹介します。

>>詳しく見る

  • 綴プロジェクト
    高精細複製品「四季耕作図襖」公開
  • 4月4日(金)~6月2日(月)
  • 文化財の未来継承を目的とした「綴プロジェクト」の活動により250年ぶりに大覚寺正寝殿の桟に収まり、立体的な空間で再現された、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」を期間限定で公開いたします。

>>詳しく見る

  • 庭湖会
  • 5月15日(木)
  • 大沢池畔に建つ茶室「望雲亭」で開かれる茶会、庭湖会。通常は、薄茶一服で行われていますが、5月・11月は濃茶と薄茶の二席になります。
    (有料/受付は午前9時~午後3時まで、7月は午前9時~正午12時まで)
  • 護摩供
  • 5月28日(水)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 6月1日(日)11日(水)21日(土)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 特別名宝展 嵯峨御所 大覚寺の遺宝「桃山の栄華」
  • 4月4日(金)~6月2日(月)
  • 激動の戦国時代を経て桃山時代から江戸時代にかけて近世大覚寺復興の時代にスポットを当て、嵯峨御所大覚寺門跡文化の繁栄を紹介します。

>>詳しく見る

  • 綴プロジェクト
    高精細複製品「四季耕作図襖」公開
  • 4月4日(金)~6月2日(月)
  • 文化財の未来継承を目的とした「綴プロジェクト」の活動により250年ぶりに大覚寺正寝殿の桟に収まり、立体的な空間で再現された、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」を期間限定で公開いたします。

>>詳しく見る

  • 京の夏の旅「大覚寺 蛍放生」
  • 6月7日(土)14日(土)
  • 「源氏」の発祥の地でもあり、「嵯峨野文化サロン」の役割を果たしてきた旧嵯峨御所大覚寺。古来より日本でも「蛍火」として親しまれ、源氏物語にも登場する源氏蛍の放生体験を行います。(※予約制)
    >>詳しく見る
  • 庭湖会
  • 6月15日(日)
  • 大沢池畔に建つ茶室「望雲亭」で開かれる茶会、庭湖会。通常は、薄茶一服で行われていますが、5月・11月は濃茶と薄茶の二席になります。
    (有料/受付は午前9時~午後3時まで、7月は午前9時~正午12時まで)
  • 弘法大師 御誕生祭
  • 6月15日(日)
  • 宝亀五(774)年にお生まれになったお大師様(弘法大師)の誕生をお祝いする法会「弘法大師 御誕生祭」。花御堂(御影堂)に稚児大師をお祀りし、一山僧侶を挙げて奉修いたします。

>>詳しく見る

  • 護摩供
  • 6月28日(土)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 7月1日(火)11日(金)21日(月)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 庭湖会
  • 7月15日(火)
  • 大沢池畔に建つ茶室「望雲亭」で開かれる茶会、庭湖会。通常は、薄茶一服で行われていますが、5月・11月は濃茶と薄茶の二席になります。
    (有料/受付は午前9時~午後3時まで、7月は午前9時~正午12時まで)
  • 護摩供
  • 7月28日(月)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 8月1日(金)11日(月)21日(木)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 宵弘法
  • 8月20日(水)
  • 「万灯会」とは、弘法大師が除災招福を祈念し、毎年1回執り行なわれる大切な法会です。皆様には大沢池の祭壇に献灯していただき、「嵯峨の送り火」の美しさをご堪能いただけます。この法会、今は「宵弘法」として全国に広く親しまれております。

>>詳しく見る

  • 護摩供
  • 8月28日(木)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 茅の輪くぐり
  • 8月31日(日)まで
  • 五大堂観月台にて茅の輪くぐりを行っております。茅の輪くぐりとは、茅(かや)でできた、人が通れるくらいの大きな輪をくぐることで、心の穢れをとる行事です。
    お守り授与所にて「茅の輪お守り」も授与させていただいております。(奉納料300円)

>>詳しく見る

  • 写経法会・御影供
  • 9月1日(月)11日(木)21日(日)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 観月の夕べ
  • 9月6日(土)~8日(月・中秋)
  • 大覚寺ご始祖「嵯峨天皇」が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった「観月の夕べ」。空を見上げれば煌々と、目を落とせば静かな水面に映る月。この2つの月が見られる稀有な時間、ぜひご堪能ください。

>>詳しく見る

  • 庭湖会
  • 9月15日(月)
  • 大沢池畔に建つ茶室「望雲亭」で開かれる茶会、庭湖会。通常は、薄茶一服で行われていますが、5月・11月は濃茶と薄茶の二席になります。
    (有料/受付は午前9時~午後3時まで、7月は午前9時~正午12時まで)
  • 護摩供
  • 9月28日(日)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 10月1日(水)11日(土)21日(火)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 特別名宝展 嵯峨御所 大覚寺の名宝「四季花鳥の美術」
  • 10月3日(金)~12月8日(月)
  • この度の名宝展では、大覚寺の四季の自然と花鳥の美術に焦点をあて、狩野山楽の描いた重要文化財の障壁画や、大覚寺伝来の花鳥にちなむ書画などによってご紹介いたします。

>>詳しく見る

  • 綴プロジェクト
    高精細複製品「四季耕作図襖」公開
  • 10月3日(金)~12月8日(月)
  • 文化財の未来継承を目的とした「綴プロジェクト」の活動により250年ぶりに大覚寺正寝殿の桟に収まり、立体的な空間で再現された、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」を期間限定で公開いたします。

>>詳しく見る

  • 庭湖会
  • 10月15日(水)
  • 大沢池畔に建つ茶室「望雲亭」で開かれる茶会、庭湖会。通常は、薄茶一服で行われていますが、5月・11月は濃茶と薄茶の二席になります。
    (有料/受付は午前9時~午後3時まで、7月は午前9時~正午12時まで)
  • 護摩供
  • 10月28日(火)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 11月1日(土)11日(火)21日(金)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 嵯峨菊展
  • 11月1日(土)~30日(日)
  • 嵯峨菊は嵯峨天皇の御代、大沢池の菊ケ島に自生していた嵯峨野独特の野菊。様々な風情ある嵯峨菊を毎年11月の1ヶ月間、一般公開しております。

>>詳しく見る

  • 特別名宝展 嵯峨御所 大覚寺の名宝「四季花鳥の美術」
  • 10月3日(金)~12月8日(月)
  • この度の名宝展では、大覚寺の四季の自然と花鳥の美術に焦点をあて、狩野山楽の描いた重要文化財の障壁画や、大覚寺伝来の花鳥にちなむ書画などによってご紹介いたします。

>>詳しく見る

  • 綴プロジェクト
    高精細複製品「四季耕作図襖」公開
  • 10月3日(金)~12月8日(月)
  • 文化財の未来継承を目的とした「綴プロジェクト」の活動により250年ぶりに大覚寺正寝殿の桟に収まり、立体的な空間で再現された、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」を期間限定で公開いたします。

>>詳しく見る

  • 四国八十八ヶ所 お砂踏み
  • 11月7日(金)~12月7日(日)
  • お砂踏みとは、八十八カ所霊場の各札所のご本尊軸をおまつりして、その札所境内のお砂を各々の軸前の足元に敷き、踏みながら礼拝していくことにより、八十八カ所霊場を巡拝するのと同じご利益がいただけるものです。今回は、土佐国「修行の道場」16カ寺を舞台に大覚寺心経前殿におきまして開催いたします。

>>詳しく見る

  • 夜間特別拝観「真紅の水鏡」
  • 11月14日(金)~12月7日(日)
  • 大覚寺を幻想的で柔らかな光で照らし出す、この時期だけの「夜間特別拝観」。見頃を迎えた紅葉と光の競演は、大覚寺ならではの風雅を演出。1200年の歴史を誇る大覚寺ならではの悠久の時間を是非、ご体験ください。

>>詳しく見る

  • 護摩供
  • 11月28日(金)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 12月1日(月)11日(木)21日(日)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 特別名宝展 嵯峨御所 大覚寺の名宝「四季花鳥の美術」
  • 10月3日(金)~12月8日(月)
  • この度の名宝展では、大覚寺の四季の自然と花鳥の美術に焦点をあて、狩野山楽の描いた重要文化財の障壁画や、大覚寺伝来の花鳥にちなむ書画などによってご紹介いたします。

>>詳しく見る

  • 夜間特別拝観「真紅の水鏡」
  • 11月14日(金)~12月7日(月)
  • 大覚寺を幻想的で柔らかな光で照らし出す、この時期だけの「夜間特別拝観」。見頃を迎えた紅葉と光の競演は、大覚寺ならではの風雅を演出。1200年の歴史を誇る大覚寺ならではの悠久の時間を是非、ご体験ください。

>>詳しく見る

  • 綴プロジェクト
    高精細複製品「四季耕作図襖」公開
  • 10月3日(金)~12月8日(月)
  • 文化財の未来継承を目的とした「綴プロジェクト」の活動により250年ぶりに大覚寺正寝殿の桟に収まり、立体的な空間で再現された、伝狩野山楽筆「四季耕作図襖」を期間限定で公開いたします。

>>詳しく見る

  • 護摩供
  • 12月28日(日)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 1月11日(日)21日(水)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 護摩供
  • 1月28日(水)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 2月1日(日)11日(水)21日(土)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 節分会(星まつり)
  • 2月3日(火)
  • 御影堂において節分祭を執り行います。真言宗では、その年の運命をつかさどる星を供養し、祈願をささげることにより人生に幸福と平安がもたらされるとされ、大覚寺でも祈願の大法会が行われます。法会ののち参拝者に向けて福豆がまかれます。

>>詳しく見る

  • 護摩供
  • 2月28日(土)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。
  • 写経法会・御影供
  • 3月1日(日)11日(水)21日(土)
  • 毎月1日・11日・21日(御影供)の3日間、午前10時と午後1時の2回にわたり、写経法会を奉修いたしております。また、写経法会の後、法話がございますのでどうぞご参拝ください。
  • 護摩供
  • 3月28日(土)
  • 不動明王の縁日にあたる毎月28日には大沢池畔の護摩堂で午前10時と午後1時から約1時間半、護摩を修しています。不動明王を本尊として壇を設け不動法を修し、護摩の炎で皆さまの心経成就を祈願いたします。28日にお参りされる方には、その都度祈願いたします。